黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「司法のお話」について

<<   作成日時 : 2005/05/29 02:37   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

司法のお話」について
 はじめまして。コメントありがとうございます。
 ご指摘の通り結論が先に来てる感はありますが「なんか司法の独立ってちっとも守られてないような気がする」という疑問を解決しようと調べていたら「やっぱり守られてないというか守れない」という結論に達したのでそこから論を組み立てています。
 ところで「候補者名簿が内閣によって変更されることは無い」という根拠をお教え願いますか?こちらでは補足できませんでしたが法律や判例があったのでしょうか?天皇による任命と内閣による任命は別物だと思ってましたので、両方とも儀礼であるとする視点は参考になります。
 また、民主的コントロール(不足)については弾劾裁判や国民審査とあわせて次回に書く予定です。
 最高裁は本来の機能が「違憲(立法)審査」である以上、時の内閣と対立することがあるはずなのですが、なかなかそんな様子は見られませんね。もっとも現行の国民審査制度では司法が独立から暴走に至ったときに止められない可能性が強いのでこの辺りも次回以降に書きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「司法のお話」について 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる