黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS タイに人的支援

<<   作成日時 : 2005/07/01 18:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 総務省消防庁が消防防災のため職員を派遣するそうです。
 タイではスマトラ島沖地震によって、主要観光地プーケット島が壊滅的な被害を受け、数千人が死亡または行方不明になりました。この中には王室関係者や日本人もふくまれます。
 死者が膨大になった理由のひとつとして「津波って何?」という知識不足があげられていました。地震のあとは必ずといっていいほど「この地震による津波は〜」と放送される日本と違い、タイの防災センターは危険信号を発信していなかったために多くの人が避難できなかったということです。
 こうしたノウハウのなさを埋めるためにタイ政府の要請で派遣される職員は10名程度、人材育成のためのカリキュラムから、防災実技指導まで幅広い分野で日本の知識と技術を伝える模様です。
 「専門家」という名前の「それしか能がないごくつぶし」ではなくて、きちんとした人材を各分野に派遣しようという今回の支援は、横領されるODAをばら撒いたり、砂漠で走れない乗用車を送ったりするよりもはるかに意義のあることだと黒星君は思います。
 日本は昨年を思い出すまでもなく、地震や台風に悩まされ続けてきましたから、そうした対策のノウハウがタイに限らず人々の命を守ることに繋がれば喜ばしいですね。
 この件に関して、頭から常任理事国入りの票が欲しいだけとか公費でタイ観光させるなんてとか東南アジアを侵略した日本の偽善的行為だとか誹謗中傷を言う狭量な人たちは黒星君の敵です。
 だいたい、議員のヨーロッパ観光&買春視察旅行に比べたらタイなんて滞在費もかかりませんし、目的の有意義さと職員の労苦では比べること自体間違っています。
 黒星君はワイドショーとか討論(のふりをした)番組とか某国にけちをつけられる前に、タイへの消防庁の職員派遣を強烈に支持しておきます。災害は避けることができないけれど、せめてそのせいで傷つく人を無くしたいという思いはきっと世界共通で、偽善といわれようともけっして間違ってなんかいないと黒星君は信じています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
タイに人的支援 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる