黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 都知事はヘタレです

<<   作成日時 : 2005/07/17 10:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

 都知事のフランス語侮辱発言ニュースの続報ですが、"フランス語の文句はフランス政府に言え"とのこと。ソースはこちらこちら
 フランス語を批判ではなくて侮辱したのは自分なのに、それがおかしいといってきた人に、「文句はフランス政府に」ですか。こういうのを最近の言葉で"ヘタレ"って言うんですよね。黒星君が彼奴を呼ぶときのミドルネームに"腰抜け"とか"へっぴリ"とか"無責任"とか"責任転嫁"とか"支離滅裂"とか"認知症"とかが加わりました。彼奴は「信念の人」とか「言うべきときは言う豪腕政治家」という「イメージ」だけで政治屋を続けていられるようなものですからこれでまた支持者が離れたことでしょう。都民の300万票を自分で手放し続けている姿は実に滑稽です。
 ちなみにここだけは切り口が違いますね。
 いずれにしてもフランス語の硬直性を慮ったなんて言い訳にすらなりません。硬直性を含めてフランス語という文化ですし、「数が勘定できない」というのは明らかな誤りであることを知りつつ訂正も謝罪もしないのですから侮辱する意図があったことは明白です。
 だいたい、「三国人」発言のとき石原"差別大好き"都知事は「昔から使われてきている言葉で訂正するつもりはない」という趣旨の発言をしていたので、伝統的な言葉は現代にあわなくてもそれでいいんだという考えだったはずなんですね。だから謝罪も訂正もしませんでした。一方、フランス語の数の数え方もフランス革命前後で変化したようですが200年以上続く伝統的な言葉です。
 ここから導かれるのは、彼奴が他国の文化や伝統は尊重できないということか、見識が状況によってころころ変わる"変節漢"か、都合の悪いことだけ忘れる特殊な"認知症"であるかですね。
 さて、黒星君は前回の「都知事また訴えられる」のまとめのところに「いっそ裁判前にシラク大統領から原告への応援メッセージとか来て国際問題に発展しつつ、石原"有害実行"知事の政治生命を奪う方向に進むことを期待しています。」としました。なにやら期待通りの方向へ向かっているようですので、今回の責任転嫁を見守りますというか、オリンピック落選でささくれているパリっ子からの大反撃が楽しみとか破滅的思考が頭をよぎります。
 黒星君はリコールとか政治生命を絶たれるくらいならともかく、各方面からの恨みを買いすぎて都庁ビル爆破とかですでに汚れている晩節にピリオド打たれそうな石原"前(予定)"都知事を支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「都知事はヘタレです」について
「都知事はヘタレです」について イヤー 全く 同感ですナー ...続きを見る
分野
2005/07/17 21:11
いいのかよ〜、こんな人が知事で
人気ブログランキング参加中</A ←応援クリックお願いします ...続きを見る
おフランスざんす
2005/07/18 01:33

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都知事はヘタレです 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる