黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 都に4億8千万の損害

<<   作成日時 : 2005/07/22 22:15   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 妙にフランスがらみが続きますがこれはもしやマスコミに釣られちゃってますか黒星君。
 とりあえず黒星君のファースト感想を述べておきましょう。29年前から都の税金担当課長以上にいたことのある職員は今すぐ辞職しなさい!すでに退職した奴からはとりっぱぐれた税金分徴収しなさいね。都は今更税の公平性がどうとか言える立場ですか。この給料ドロボウ!
 都職員のあまりのだめっぷりにちょっと理性のタガが外れそうでしたが、何で29年前の分から徴収できないか説明しましょう。単純に言うと"時効"だからです。
 火曜サスペンス劇場などでもおなじみ"時効"ですが、何も殺人などに限ったことではなくて税金にも時効があるんです。地方自治法では税金の時効は5年と定まっていて、5年を1時間でも過ぎたら払う義務が消滅します。(時効には中断というのがあるんですが税金には適用されません)だから5年粘っていれば払わなくてすみますよ。自動車税も住民税も。でもさくっと差し押さえがきますけどね普通は!なので東京都以外では危険なのでお勧めできません。
 今回のケースでも5年より前の固定資産税については時効が成立しているので請求できないわけですが、5年で1億円だと29年間で何億円でしょう?なんと5億8千万円です!差額の4億8千万円はとりっぱぐれです。東京都の人口が1200万人としてもひとり40万円の損です。大卒の新人君の給料3か月分くらいですか?それが都の税金担当職員が無為無策無知無能と4拍子そろっていたために都の収入になりませんでした。もうすぐ税金の納付時期ですけどNHKよろしく不払い運動とか起きるかもしれませんね。損失は給料ドロボウどもから徴収ってことでひとつ♪
 そもそも都にとっては損でしかない"特例"を29年間も継続させていたことはコンプライアンスの視点からも経済性の面からもまったくもって論外です。これはもう部課長クラスではなくてやはり都知事まで責任を問うべきだと黒星君は思います。
 黒星君は帝国主義時代から培った駆け引きを誇るフランス大使館も4無拍子の都職員も支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
都に4億8千万の損害 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる