黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「こどもやお年寄りは守れない。」について

<<   作成日時 : 2005/07/05 00:31   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

こどもやお年寄りは守れない。」について
 黒星君の知り合いの保育園の園長さんに言わせると「子供を預かるのに最低限必要な保育の質(環境、保育士の技量その他を含めて)をキープすることがどれくらい難しいか、お偉方や評論家の先生にはわかっちゃいない」とのことです。「今の保育園では減らされる新採用、減っていくベテラン、増えるのは経験も浅く勤務時間も短い臨時さんだけ、このままでは責任持って子供を預かれなくなる日がいつか必ずやって来る」とも危惧されていました。まったく同感です。
 こばと保育園の園長さんも似たようなことを念頭において、民間のように効率や利潤追求が保育園に求められている状況を憂えたのかもしれませんね。
 黒星君は保育園にも効率化は必要だと思います。ただしあくまでもより質の高い保育を行うためにという条件が付きます。正職員を減らし、低賃金の臨時さんを短期で雇ってコスト削減できたと喜ぶような効率化は支持しません。
 確かに公的機関が民間の手法に学ぶべきこともありますが、利潤のために安全をおろそかにする某鉄道会社を見習うような真似はすべきではありませんね。
 それと、わかっちゃいない人というのはどこにでもいるもので「教育評論家」だか「子育て評論家」だか忘れましたが「保育園なんて行っている子はバカだ!幼稚園に行かせなさい!」なんていうことを保育園の保護者の前で言った人がいたそうです。現場の保育士が聞いたらただじゃすまなかったでしょう。幼保一元化施設すら誕生するこの時代に何を言ってるのかと思いました。
 こういう頭ごなしに、主観で「いい」と「ダメ」に切り捨てる人がいるから、公的な発想と民間の発想とを議論させてよいものを目指そうとする風土が育ちにくいのでしょうね。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「こどもやお年寄りは守れない。」について 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる