黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ヤードの総監は何様か!

<<   作成日時 : 2005/08/20 00:23   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

射殺男性はテロと無関係」について
誤射事件で独自調査を進める委員会が当初ヤードの妨害にあったとのこと
 [ロンドン 18日 ロイター] 7月21日のロンドン同時爆破事件でブラジル人男性が翌日に犯人と間違われて警察に射殺された事件で、独立調査委員会(IPCC)は18日、当初ロンドン警視庁が独立調査委の介入を阻止しようとしたことを明らかにした。
 IPCCのワダム副委員長は強い調子の声明を発表し、「ロンドン警視庁は、当初われわれの介入を妨害していたが、われわれはそれを克服した。この議論で捜査引き継ぎが遅れたが、われわれはそれを取り戻すため懸命に努力した」と述べた。
  ロンドン警視庁のイアン・ブレア警視総監は当初、この誤射は前日21日の爆破事件捜査と関連したもので、射殺されたジェアンシャルレス・ジメネゼスさんに尋問を試みたが警察の命令に従わなかったと発表。
 しかし、ITVニュースが入手した警察の内部情報や目撃者証言は総監の話と異なっており、今回の声明で総監への圧力が一段と高まるとみられている。
(ロイター) - 8月19日14時10分更新ヤフーニュースより
あ、あ、あんですとー!
テロを警戒するのはいいでしょう。
怪しいやつは射殺してイイ!という指示も100万歩譲りましょう。
ですが、誤射に対して非を認めない、身内と自分の保身に走り操作を妨害するという行為に英国紳士のプライドとか警察の誇りとかは見当たりません。
黒星君は首相とおんなじ名前のブレア総監を支持しません。
それと同時に真実を究明するために総監を正面から敵に回す調査委員会とマスコミは支持します。

PS新しく入ったニュースによると総監は誤射だということを知らされていなかった模様です。だからって総監の責任は軽くなりませんけどね。
ブレア英警視総監、男性誤認射殺で弁明
2005年 08月 21日 日曜日 18:02 JST
 [ロンドン 21日 ロイター] ロンドン警視庁のイアン・ブレア警視総監は21日、ロンドン爆破事件の捜査に関連して、ブラジル人男性が誤って射殺された事件について、誤認射殺事件が起きた後も24時間、この男性が自爆犯の1人だと信じていたと述べた。
 総監はまた、報道機関が、警察による事件捜査よりも誤射事件のことばかりを取り上げていると指摘した。
 この誤認射殺事件をめぐって、警察の対応に対し批判が起きていた。
 総監は英紙ニューズ・オブ・ザ・ワールドに対し、「強調したいのは、事件発生当時とその後24時間、私と部下の誰もが、射殺されたのは自爆犯の1人だと信じていたということだ」と述べた。
© ロイター 2005 All Rights Reserved
まあ総監まで正しい情報をあげなかった人がいるとすれば当然そっちの責任もありますけど、報道機関が、警察による事件捜査よりも誤射事件のことばかりを取り上げているってのはそりゃあしょうがないことじゃないかなと。
警察の仕事なんてのはうまくいって当たり前、失敗すればぼろくそに叩かれる。ましてやそれが無辜の民を害したというのであればなおのこと。だと黒星君は思ってましたがブレア総監は身内の悪はかばい、いいところはほめてもらいたいようですね。駄々っ子ですかあんたは。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ヤードの総監は何様か! 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる