黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 指導という暴力

<<   作成日時 : 2005/08/23 00:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

駒大付属苫小牧高校 野球部長暴力事件?」について
TBどうもです。
んーでも野球部長と野球部員という立場の強弱を考えるに今回のこれは一方的な暴力ではないでしょうかね。
そもそも足に履くスリッパで殴りつけるというのは人としてひどい侮辱だと思いますよ。
信頼関係の中で小突いたりはありえるでしょうが、スリッパではたく行為に愛情や信頼はないと思います。ゴキブリつぶすんじゃないんですから。
★追加 
第87回全国高校野球選手権大会(日本高校野球連盟、朝日新聞社主催)で57年ぶりの連覇を達成した駒大苫小牧高(苫小牧市、篠原勝昌校長)で野球部長(27)による暴力行為が発覚した問題で、被害を受けた部員の父親は23日、毎日新聞の取材に「息子は(6月に)30、40発、拳で殴られた」と述べ、「平手で数回」と説明する学校側と大きな食い違いがあることが分かった。一方、同校から報告を受けた道高野連は同日午前、日本高野連に問題を報告。同校は同日開いた全校集会で、生徒に経緯を報告し謝罪した。
 ◇「30〜40発殴られた」部員の父親反論
 暴力を受けた部員の父親は学校の22日夜の会見内容について「どうしてこんなうそをつくのか。うその塊だ」と反論した。
 父親は6月上旬の暴力について「朝の練習でエラーして、白い歯を見せてニヤッとしたら、部長が拳で顔を殴り、バットでこずかれたり、蹴られたりして、30〜40発殴られた。部長はその際手の甲を骨折したはず」と説明。学校側の「平手で3、4発たたいたというのは全く違う。今もあごががくがくするので、明日病院で検査する」と話した。
 「学校から再三穏便に済ませてほしいと言われた」と述べ、父親からの要請で高野連への報告を大会終了後にしたとの学校側の説明を否定した。
 一方、駒大苫小牧高の原正教頭は23日、高野連への報告が遅れたことについて「(被害生徒の)保護者と校長との話し合いで大会終了後に公表することになっていた。遅れたとは思っていない」との認識を示した。
 被害生徒への事情聴取について「今日中に話を聴きたいと思うが、仕事などの関係でどうなるか約束できない」と述べるにとどまった。
(毎日新聞) - 8月23日14時4分更新
ええと?30発?バットで?それは暴力事件じゃなくて傷害事件だと思うのですが。それと大会終了後に公表って決める保護者もどうなのかなあ。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
はじめまして
多分にこの野球部長は、27歳の若さ故、
ある親しみの感情がどこかにあり、スリッパで、はたいたのではないでしょうか。
私も高校生の就学旅行で担任からスリッパで叩かれました。
もっとも、こちらが悪く反省すべきことが発端であり、後日、その先生は「あの時はすまなんだ。スリッパがなければ、拳で殴っていた。」と、今でもその先生とは付き合いがあり、人生の良き師でもあります。
今回は事実がどうであったかは不明ですが
良い方向に向かって欲しいと思います。
danbo
2005/08/23 01:23

コメントする help

ニックネーム
本 文
指導という暴力 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる