黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 投票前に色々と(2)

<<   作成日時 : 2005/09/03 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

投票前に色々と(1)」の続報ですが民主党ののHP更新は公職選挙法に違反するという総務省の意見を受けて
 民主党は1日、総務省選挙部に対し、党のホームページ(HP)の掲載内容に関する公職選挙法の解釈などを問う公開質問状を提出した。
 同党は8月30日に、HPに衆院選公示後の岡田代表の第一声などを掲載したが、同部から「選挙期間中に遊説内容をHPに載せることは公職選挙法に抵触する恐れがある」と指摘され削除した。質問状では、「同様の記事は4月の衆院統一補欠選挙でも掲載し、何の指摘もなかったが、解釈を変更した理由」などについて一両日中に文書で回答するよう求めている。
(読売新聞) - 9月2日0時40分更新
となり、これに対して
総務省選挙部は2日、選挙期間中のホームページ(HP)の開設・書き換えが公職選挙法に違反するとの解釈に変更はないとの見解をまとめ、民主党に文書で提示した。
 また、総務省は同日、民主党の指摘を受け、一部のHPを更新していた自民党に対しても、「公選法に抵触する恐れが強い」と連絡した
 民主党は8月30日に岡田代表の第一声などを党のHPに載せ、総務省から「許可された文書・図画以外の頒布を禁じた公選法に抵触する恐れが強い」との指摘を受けていた。
 これに対し、同党は「選挙関係の記事は4月の衆院統一補選の際も掲載したが、指摘・指導はなかった」と反論し、1日に公選法の解釈を問う公開質問状を同省に出していた。
(読売新聞) - 9月3日0時45分更新
だそうです。しかしながら別の記事では
総務省は2日、自民党役員のインターネットのホームページ(HP)の記載内容が公職選挙法に抵触するのではないかなどとした民主党の公開質問に対し、「具体の事実について調査を行う権限を有しておらず、個別の事案が違法かどうかの判断を行う立場にない」と文書で回答した。
 民主党は、自民党役員のHPに「小泉純一郎首相の遊説に関する記事が選挙期間中も掲載されている」と指摘。選挙期間中のインターネットを使った選挙運動を禁じた公選法に抵触しないか回答を求めていた。 
(時事通信) - 9月3日1時2分更新
もしもーし?二つを比べるとえらく矛盾した記事ですね。読売では民主党に指摘されて自民党に警告を発したことになっていますが、時事通信ではあたかも【調査権がないし違法と判断ですることができない(ので自民党には警告していない)】と回答したような書き方になっています。
 別のソースとしてInternetWatchでは
個別の事案については、公選法の規定に違反するかどうかは具体の事実に即して判断されるべきものであり、総務省では調査を行なう権限を有しておらず、違法かどうかの判断を行なう立場にもないと回答。また、指摘のあった自民党のいくつかの事案については、一般的にWebに選挙運動にわたる内容を掲載することは公選法の規定に抵触する恐れが強いという旨を、自民党に対して伝えたと回答した。
とありますので自民党に警告したことも、調査権がないと回答したこともどちらも事実であることは間違いないようです。黒星君は事実として伝えるべき内容としてはINTERNETWatchが一番いい書き方だと思いますが、文字数制限があって全部は伝えられないというのならば、まだ読売のほうを支持します。時事通信はそれだけ読んだ場合に「のらりくらり言い訳をして自民党には警告しなかった」という印象を抱かせかねないからです。時事通信の報道には何らかの政治的意図があるように黒星君は思います。
 マスコミは社会の公器として不偏不党を貫くという原則を選挙期間中はなおいっそう噛み締めるべきだと黒星君は思います。(この場合のマスコミには機関紙は含みません。あれは性質や目的がまったく別ですから。時事通信がどこかの機関紙だというなら別ですがw)
 なお、補足として「4月の補選で同様の記事〜」の部分については朝日に載ってましたのは
民主党の枝野幸男総合選対本部事務総長代理は同日夜、自民党が4月の衆院統一補欠選挙や、7月の東京都議選の期間中に選挙関係記事をHPに記載していたことをただす質問状を総務省に提出。さらに、報道各社に送った文書のなかで「明確な指針・基準が明らかにならないままに選挙の都度、法解釈が変更されるのでは、『公正な選挙』は維持されない」と主張した。
とありますので、ああそりゃあ民主党も黙っちゃいられないでしょうね。4月に自民党はOKでなんて今回の民主党はダメなのか、総務省の偏向した行政指導でないならばその解釈が変更になったとしか理解できないでしょうから公開質問したんですね。・・・で、総務省の回答が「解釈に変更はない!」ですか。これはもうひと波乱ありそうですね。
 総務省に対する黒星君の考えは次回に持ち越します。

 毎度のことですがスパムTBは明確な悪意を持って行われていると解釈しますので責任はきっちり追及します。
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
Blogと公職選挙法
民主HPが公選法抵触していると指摘した、世耕弘成氏のBlogに「新聞社の共同インタビューを終えた小泉総理に今後の日程等について判断を仰ぐ。」とあるが、候補者である小泉総理の名が記されているBlogが公示後に更新されている。下らん事で他人を批判する前に自らを正すべきである。2世議員が増えてから、自民党の議員が小粒になってきているように感ずる。自民党員の一人として情けない思いを抱くのは俺だけではないはずだ。 ...続きを見る
1喝たぬき
2005/09/03 13:34

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投票前に色々と(2) 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる