黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 投票前に色々と(3)

<<   作成日時 : 2005/09/04 00:01   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 4 / コメント 0

 前回記事にTBしてくれた一喝たぬきさんのブログによると公職選挙法は言論の自由を制限しているとのことなので、あ、しまった!明確に支持不支持表明してるなあやばいかなあ。と思ったので紹介されていた条文をチェックしてみます。
 公職選挙法によると
(文書図画の頒布又は掲示につき禁止を免れる行為の制限)第146条 何人も、選挙運動の期間中は、著述、演芸等の広告その他いかなる名義をもつてするを問わず、第142条(文書図画の頒布)又は第143条(文書図画の掲示)の禁止を免れる行為として、公職の候補者の氏名若しくはシンボル・マーク、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者を推薦し、支持し若しくは反対する者の名を表示する文書図画を頒布し又は掲示することができない。2 前項の規定の適用については、選挙運動の期間中、公職の候補者の氏名、政党その他の政治団体の名称又は公職の候補者の推薦届出者その他選挙運動に従事する者若しくは公職の候補者と同一戸籍内に在る者の氏名を表示した年賀状、寒中見舞状、暑中見舞状その他これに類似する挨拶状を当該公職の候補者の選挙区(選挙区がないときはその区域)内に頒布し又は掲示する行為は、第142条又は第143条の禁止を免れる行為とみなす。
142条及び143条では頒布してよいはがきやビラ・ポスターの大きさや枚数が事細かに決められています。
 たぬきさんはこの条文がブログ等を認めておらず言論の自由を制限しており憲法違反だと解釈されているようですが、黒星君はちょっと異なります。
 まず、142条及び143条で定めるはがきやポスターを使用することができるのはそもそも候補者や政党・後援会などで、政党や講演会に所属していない一般人が自主作成したはがきやポスターについては142条及び143条で規定してはいないのです。
 また、146条の第2項を見ていただければ選挙はがき以外の暑中見舞いなどのはがきに候補者名を記載し、選挙運動と同様の行為を行うことは違反とみなすとわざわざ付け足してあります。
 よって146条は142条及び143条を守らせるための補足的なもので、憲法第15条の4すべて選挙における投票の秘密は、これを侵してはならない。選挙人は、その選択に関し公的にも私的にも責任を問はれない。および第21条集会、結社及び言論、出版その他一切の表現の自由は、これを保障する。によって守られるべき【「個人としての支持不支持」を表明する権利】までこの146条では規制されていないと黒星君は考えます。

 次に、【政党・後援会】としての支持不支持をブログ等で表現することが許されないのかということについてですが、総務省は認めないという解釈を建前としては出しておりますし、公職選挙法の【定められたもの以外は禁止する】という趣旨からするとやはりインターネットを選挙運動として活用することは禁止されていると黒星君も思います。
 ですが、憲法違反かというと、ブログ等による選挙活動を制限することにはある程度理由があり黒星君としては制限を支持しています。
 ブログ等の更新が制限される理由として、公職選挙法で定めるはがき・ビラ・ポスター・選挙公報(以下はがき等)とブログ等の違いを見てみましょう。
 はがき等はその内容・掲載文章等を事前に申告し、1種類または2種類など選挙管理委員会の許可を受けたものしか使用することはできませんし、勝手に書き換えることはできません。対してブログ等は選挙管理委員会の管轄になく、更新も容易です。つまりブログ等の更新を選挙活動中も認めた場合、はがき等との間で取り扱いに齟齬が生じてしまいます。
 また、はがき等が書き換えることができないようになっているのは、せめて選挙期間中に意見をころころ変えられないようにとの現実的な配慮もあるでしょうし、偽のビラなどを判断することができるからでもあるでしょう。そうしたことを鑑みるに一度定めた内容以外のはがき等は一切認めないというのが公職選挙法の趣旨であるといえます。
 そういった理由で、現状では制限せざるを得ず、憲法で定める表現の自由をまったく制限していないわけではありませんが、公正な選挙の実現のためには許される範囲であると黒星君は考えます。

 最後に、調査権がないとか違法かどうか判断できないと突如及び腰になった総務省ですが、もちろん黒星君は支持していません。調査権はないけど指摘されたら警告するって・・小学生じゃないんですから現状の解釈基準に従っててきぱきとグレーゾーンを調査して、警告を発するのが総務省の義務だと思います。公務員は不作為も罪になるんですよ?
PS ええーと。自民党議員の一部には【私的ブログ】ということで選挙記事バリバリ掲載中らしいです。黒星君は以前も書きましたが肩書きを名乗って、特に政治家などの公職にあるものが運営するブログは【公的ブログ】と捉えていますのでこのような議員を支持しません。総務省的にはOKなんでしょうか。

 毎度のことですがスパムTBには慰謝料を請求します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(4件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ブログの政治話題と公職選挙法
何だか最近一部のブログで話題になっている。要は「公職選挙法がインターネット(ブログ)での選挙関連記事を制限云々」というシロモノである。 ...続きを見る
時評親爺
2005/09/04 02:18
公職選挙法の問題点(序章)
いよいよ衆議院議員選挙が近づいてきました。 ここへ来て,選挙運動に関するさまざまな報道がされています。 そこで,今回は,私が考える公職選挙法(選挙制度)の問題点についての私見を述べたいと思います。 なお,公職選挙法自体に関する説明は,以前書きました「よく.... ...続きを見る
あれは,あれで良いのかな?
2005/09/04 19:46
公職選挙法に対する実験の実践
さて。「インターネットが使えない」と言われつつ、実質じゃんじゃん使われてしまうで... ...続きを見る
ぢょやの「なんじゃ言よんな!」
2005/09/04 23:33
IT選挙推進協議会前面支持します!
今から仮眠をしようと思っていたのだが、週刊!木村剛でおなじみのゴーログで、IT選挙推進協議会で公職選挙法を改正しよう!という、なんとも興味深い記事が載っていた。 兄やん自身、さんざんこのことについて触れていたので、行動を先に起こす人がでて来られて、非常に.... ...続きを見る
兄やんの一言モノ申す
2005/09/09 12:55

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
投票前に色々と(3) 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる