黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ペルーとオタクと血統と産経新聞

<<   作成日時 : 2005/12/02 00:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

広島女児殺人事件でペルー人男性が容疑者として逮捕されました。
「容疑者」の時点で名前とか来歴とかバンバン報道するマスゴミの腐れっぷりは
いまさら追及する気も起きませんが、産経新聞のこの記事は見過ごせません。
広島・小1女児殺害 日系ペルー人逮捕 不法就労、治安の盲点」で
広島市の女児殺害事件は、外国人労働者の増加が犯罪の凶悪化など危険と隣り合わせになっている実態を浮かび上がらせた。欧州などでは外国人労働者の大量流入が社会問題化しており、日本でもこうした問題が深刻化することが懸念される。

警察庁によると、昨年摘発された来日外国人絡みの凶悪犯(殺人・強盗など)は三百四十五件に上り、過去十年間で二倍に増加。特に強盗は二百六十九件と二・六倍に激増している。
不法滞在の外国人は依然として二十万人を超えている。
フランスでは失業や貧困、教育や文化の相違などに対する不満を噴出させ、アラブ、アフリカ系の移民二、三世による暴動が発生した。これからの日本でも、労働力として受け入れた日系人ら外国人が、地域からの疎外感を抱えたまま不満を鬱積(うっせき)させていけば、フランスの二の舞いとなる可能性も否定できない。
とこれでもかと「外国人」への不安を煽ってくれています。

 ちょっと脱線しますが、来日外国人をめぐる情勢が厳しさを増す中、政府は来年の通常国会で、入国審査時に外国人から指紋を採取することを盛り込んだ入管難民法改正案の成立を目指している。とまとめていることから産経新聞はこの法案を成立させたいという意思があると、そのためにここまで外国人による治安の悪化を煽ってきたのだと黒星君は読み取りました。

 アメリカが入国者に対して10本指の指紋押捺を義務付けており、ブラジルをはじめとして反発を買っています。黒星君もアメリカでどう悪用されるかわかったもんじゃないので指紋押捺は支持しません。日本で成立したとしても同様です。

正規ルートで入国してくる外国人に対してしょっぱなから「お前らは犯罪予備軍だ!両生類のくそ以下のこの世でもっとも下等な存在だ!」「いい外国人は死んだ外国人だけだ!」といわんばかりの対応をすることを支持しません。

 それにしてもさすがは産経新聞「「Y染色体」の重要性指摘 男子皇族、代々受け継ぐ」とかいうとんでも団体のとんでも会議の模様を伝えるだけのことはあります。
蔵氏は「血のつながりとは、科学的に言えば遺伝子の共有率だ。男子皇族だけに代々受け継がれてきたY染色体は姓や家紋に似ているといえる。しかし、体の細胞に刻印されているという意味で、はるかに強い実体をもつ」と説明。さらに「皇室には、(初代)神武天皇以来、Y染色体という刻印が連綿と受け継がれてきた。国民や世界の人々はそれでこそ皇室の中に二千年の歴史の重みを感じる。女系相続は、過去と現在の遺伝的なつながりを断ち切るという意味で間違いだ」と話している。
【科学的に】神武天皇の存在を説明してもらいたいのですがどこの電波学者ですかこの同志社大研究員は。【科学的に】という言葉をもてあそばないでもらいたいですね。

で!さも当然のように、存在したという歴史的事実が確認されていない天皇を初代としてそれに注釈すらつけない産経新聞の体質は危険極まりないと黒星君は見ています。
あからさまに【初代天皇=神武天皇】と誤認させようという意思を感じますね。

優れた血統があるという価値観は劣った血統があるという価値観の裏返しであり優生政策とか民族浄化とか部落差別とかそういうおよそ文明とか理性の入る余地のない野蛮な行為の温床です。
高貴な血統を作り出し崇め奉る連中は決して自分たちが他よりも劣っているなどとは認めない上に他人にも自分たちを同じものをあがめるよう強制する狂信者の群れです。

黒星君は非科学的な狂信者の主張を堂々と載せつつ外国人排斥を勧めようとする差別主義で狂信者の産経新聞を支持しません。

 さらにいえば共同通信には「補導員と偽り中1少女誘拐 愛知、26歳の無職男逮捕」とありますが、この日本人が犯人だったら日本人は世界のどこの国に行っても指紋押捺をするべきですか?日本人は全員危険なレイプ犯ですか?

  【外国人だから】という理由で部屋を貸さなかったり、白い目で見たり、社会の片隅に追いやるような行為は【オタクだから】と置き換えても成立しそうです。というか実際に広島の事件でも当初はそういう疑惑の目が向けられていました。

 【日本人だから】とわが身に置き換えてみて偏見にさらされたときの醜悪さとか恐怖に気がつかない人々を黒星君は支持しません。 

追記

外国人差別を助長する警察を批判するサイトにリンクしておきます。外国人が正当な裁判を受けられないことに抗議する運動なども行っています。

上記サイトを紹介してくれたNY在住の日本人の方のブログにも「外国人」=【危険】というレッテル張りが双方にとってよくないということが述べられています。

また在日韓国人の方のブログにおいても
今の在日の集合体というのは二極化していて、日本人と何ら変わらず総連や民団などの在日団体と縁遠く日本に愛着を感じている在日と、反日バリバリで下手したら拉致に関わっていたかも知れない在日を全部ひっくるめて「この犯罪者!祖国に帰れ!」というのは、あまりにも一部を全体として捉えている
と述べられています。

黒星君は
【外国人は出て行け】
【オタクはロリコンの変態で性犯罪者】
【皇室の血統は崇めるべき】
【部落とは結婚させない】
【女は穢れている】
というのはすべて本人に何の責任もない国籍、同様な趣味、血統、門地、性別で評価し、貶めたり崇めたりする差別行為であると断じます。
かように木を見て森を語るがごとき無知で野蛮で狂信的な差別主義者を黒星君は支持しません。

追起2
外国人社会にも暗い影
 広島市安芸区の市立矢野西小一年、木下あいりちゃん(7つ)が殺害された事件は、地元の外国人社会にも暗い影を落としている。自動車関連工場が多く、そこで働く中南米からの外国人が大勢暮らす地域。日系人も多く、市民レベルでの交流も始まっていたが、「日系三世」とされるフアン・カルロス・ピサロ・ヤギ容疑者(30)が、逮捕されたことで、友好関係にヒビが入ることが懸念されている。
 「恩をあだで返されたような気持ち。だが、外国人の出稼ぎ労働者みんなが悪人というわけではない」。ピサロ・ヤギ容疑者が住んでいた木造二階建てのアパート大家の男性(57)は、外国人労働者を積極的に受け入れたことへの複雑な心境を語る。
 大手自動車メーカー、マツダの下請け工場が集中する安芸区や隣接する海田町には約二千人の外国人が暮らしているという。当初は生活様式の違いからトラブルもあったが、今では市民レベルでの交流が進んでいる。
 大家の男性も「最初は偏見もあったが、今は完全に信用していた」と話し、勤めていた工場を十月末に解雇となり、社員寮を出されたピサロ・ヤギ容疑者の受け入れを決めた。
 しかし、事件は最悪の結果となり、受け入れたことへの自責の念にかられた。それでも男性は「事件がきっかけで外国人労働者に対する偏見が深まるとすれば残念」と話した。
 一方、海田町に住む来日二年目の日系ペルー人男性(37)は「ものすごくショック。最悪なのは、相手が小さい女の子だったこと。やっと近所の日本人とも仲良くできるようになったのに」とやりきれない表情を見せる。
 昨年、日本人との交流団体「ラテンアメリカの会」を立ち上げた現場近くに住むブラジル人、エレニール伊藤さん(41)は「外国人イコール悪者で怖いと思われないか。日本人に嫌がられないか心配。派遣会社を通じて工場で働くと、日本語を勉強する機会も日本人と接する機会も少なく過ごす外国人が多い。それで孤立してしまう人も少なくはない」と話す。近く、会員をはじめとする日系人の集まりを持ち、「何ができるかを話し合いたい」という。
 サッカーや日本語の勉強会などを地道に続けてきた同会。エレニールさんは「会員同士の交流だけでなく、今後は、地域での存在が薄かった日系人を拾い上げることも課題としてやっていきたい」と話した。
(産経新聞) - 12月3日15時27分更新
産経だけじゃなく朝日も似たような論調でした。
まあ朝日はかなり特定の国籍に肩入れする傾向があるので別として。
 日本は外国人の労働者をある程度受け入れてきました。ですが地域社会の一員としてあつかっているかといえばそうではないでしょう。原因がお互いにあるとはいえ。
 しかしちょっと考えて見ればジャパニーズビジネスマンは世界中にいますし、海外に居住するいわゆる在外邦人は80万人以上です。
 彼らは【外国人】としてその国で受け止められているわけですから日本が外国人を排斥するような社会であれば同様に80万在外邦人が危険に晒されるとも言えるのです。
 黒星君は異国の地でまっとうに生活していこうとする外国人を支持します。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
TBありがとうございました。それから記事中でもご紹介くださり恐れ入ります。個人的には、産経新聞は日本における民族中心主義の集団意識を見て取るのにいいソースかなと思いますね。自分の祖国の保守的な人々の考え方に賛成しませんし、悲しくなるほど残念ですが、これも紛れもない自分の国の文化の一部なので、存在は認めようと思っています。
ヒロシ
2005/12/02 13:04
コメントありがとうございました。
うむ。新聞ごとに結構特色があるのが読み比べるとわかって面白いですね。
黒星君
2005/12/02 20:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
ペルーとオタクと血統と産経新聞 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる