黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 自殺外交

<<   作成日時 : 2006/01/02 09:33   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

上海領事館員自殺問題について
gooニュースでまとまってるので見出しだけ掲載
日本の抗議に「強烈な憤慨」…領事館員自殺で中国
(読売新聞) 12月29日 (木) 19:09
自殺した総領事館員と接触の男、中国工作員か
(読売新聞) 12月29日 (木) 03:05
上海領事館員 「遺憾な行為」で自殺 公安関与 政府、中国に抗議
(産経新聞) 12月29日 (木) 02:35
上海の日本総領事館員が自殺 外務省が中国当局に抗議
(朝日新聞) 12月28日 (水) 21:17
外務省、ウィーン条約に違反と中国を批判…館員自殺で
(読売新聞) 12月28日 (水) 20:55
「遺憾な行為」による自殺 総領事館員死亡で政府見解
(共同通信) 12月28日 (水) 18:59
政府、中国に抗議 「脅迫の上海総領事館員が自殺」
(産経新聞) 12月28日 (水) 15:38
中国政府に4回抗議 上海総領事館員の自殺問題
(共同通信) 12月28日 (水) 12:53
上海、日本総領事館員が自殺 「中国から情報提供強要」
(産経新聞) 12月28日 (水) 02:30
上海総領事館員が自殺 遺書残し 中国から情報提供強要
(産経新聞) 12月27日 (火) 15:58

各社オブラートに包んでいますが
ZAKZAKが詳細を記していますね。
http://www.zakzak.co.jp/top/2005_12/t2005122701.html

そりゃあ国家間の情報繊維外にも産業スパイだって談合組織だって「飲ませて抱かせて脅す」の基本コンボですよね。
「接待」って言う名前で義理人情で縛り付けて仕事回させたりするのが認められている日本国内のことで、情報が国家機密じゃなければどうということもない話です。

それにしても疑問点がいっぱいです
・遺書ってどこから出てきたの?本当に残されていたの?
・本人のものだって言う確認はどうやって?筆跡?状況?
・今言われている遺書が本当に残されていたものと同一なの?
・内容が真実だって言う確認は取れたの?
・その当時から抗議していた?
・何で今まで明らかにならなかったの?機密扱いだったから?
・機密ならどうして週刊文春がすっぱぬけたの?リークした奴がいるんじゃないの?
・何で職員を保護できなかったの?
・国を売れないといったからって漏らしてないとは限らんでしょ?漏れたのか漏れてないのか?
・なんで”今”なの?正月靖国参拝がないから?

現在のところ公表されていて間違いのない事実はみっつだけです。
・上海の領事が自殺したという報道&政府発表
・遺憾な行為があったとして日本は抗議した
・遺憾な行為の事実はないと中国が反論した
これだけです。
自殺した職員の氏名も不明ですし、
遺書の現物も不明なので「国を売れない」なんて小泉が喜びそうなフレーズが本当にあったのか、
領事館の誰も保護してくれようとしなかったとか、実名を上げてあいつらだってやっているのにとか
そういう内容はなかったのか。あまりにも小泉サイドに都合のいい遺書ではないか。

そして売春に当たるような接待を受けていたとすればそれは当然中国国内の犯罪に該当するわけで取調べを受けるのは当然ですね。
最初から情報部が美人局を仕掛けたのではなくて犯罪摘発してみたら顧客は日本人官僚だったと言うのであれば日本が抗議したら中国の失笑を買う行為でしかないですよね。
在日米軍が児童買春して摘発しようとしたらアメリカから抗議されるようなものです。

直接本人が拘束されて取調べされたんであれば犯罪摘発とは別に情報を漏洩するように取引があったとしても不思議ではないですけどね。
でも何で代理人とか弁護士とか使わなかったんでしょうか。
売春に関する情報以外知らされていない代理人を立てておけば脅迫されるリスクはなくなるのに。
領事館では用意してくれなかったんでしょうか。

黒星君は愛国スメル漂うこの一件が真実を十分に伝えているとは思えないので政府を支持しませんし、組織として領事を見殺しにした外務省を批判もできないマスコミを支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
外交官免責特権を持っているでしょ。取調べを拒否できるはず。
一読者
2006/01/02 15:22
はて?犯罪の取調べを拒否できたっけかなあ。
いわゆる外交官特権とは「不逮捕特権」であり、しかも特権を受けるためには、接受国(の外務省)による認証を必要とし、非行や犯罪関与など、相応しからざる行為があった場合は取り消しもあり得るの。(wiki参照)ので中国がだめっていったら取り消し可能なんですね。
そういう意味でもなんで領事館は組織で対応しなかったのかと。
黒星君
2006/01/02 16:47

コメントする help

ニックネーム
本 文
自殺外交 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる