黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 文明の衝突?

<<   作成日時 : 2006/02/05 20:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

あーちょっと検索すれば元の本が出て来るんで省略
とりあえずヨーロッパとイスラム世界が相容れない状態に。
 【ブリュッセル3日共同】3日付のフランスの有力紙ルモンドは1面に、イスラム教の預言者ムハンマドの顔とみられる風刺漫画を掲載した。
 30年以上にわたり同紙に寄稿している漫画家による作品で、「私はムハンマドを描いてはいけない」というフランス語の文を縦、横にたくさん書いて、全体としてムハンマドとみられる人物の顔を浮き彫りにしている。
 同紙は同時に社説で、「イスラム教徒にはムハンマドを風刺した絵はショックかもしれないが、民主主義においては、人権を踏みにじるケースを除き、言論を取り締まることはできない」と表現の自由を主張した。
(共同通信) - 2月3日10時23分更新
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20060203-00000054-kyodo-int・・・えーとつまり・・・「狗の糞」という意味のアラビア語で書かれたナザレの大工の息子の肖像画を許容するのがルモンドのいう表現の自由を守る民主主義のあり方ってことでFA?
別にキリシタンにけんかを売るつもりはないが、ルモンドが行ってるのはそういうことではないと思う人は挙手してほしい。

ムハンマドの顔を描いてはいけないとするのは、偶像崇拝を禁じているムスリムゆえの信仰の表れであって、それをおちょくるようなものを風刺で表現の自由だというならそれ以上のことをやられても笑って許容できる下品なセンスの持ち主であるという宣伝をしているということですね。

別にガソリン半分にしたトラックにマイト積んでルモンド本社に突っ込む必要はない。
編集長の、いや、編集長の娘とか孫とかを「背徳者」という意味の言葉で描いてネットにアップすればいい。後は絵描きの妻を「ビッチ」とかでかたどるとかね。日本のAA職人いい仕事するよ〜?

表現の自由には表現したことへの責任が伴うのですよ。
やられたらやり返される。その程度のことも理解できないんですかヨーロッパのマスコミは。
他者の信仰のよりどころを侮辱するのならば、己の魂を否定される覚悟でやるべきだと思うので黒星君はルモンドとかデンマーク紙とか自由を乱用してる低俗なマスゴミを支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
http://www.sankei.co.jp/news/060206/kok040.htm
いい度胸だ。首を切り落とされる瞬間もそういえれば英雄だろうな。
さて、こいつの斬首映像が流れるまで何日かかるか。黒星君は9日と見たが。
黒星君
2006/02/07 20:04

コメントする help

ニックネーム
本 文
文明の衝突? 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる