黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 風太見世物批判に批判相次ぐ

<<   作成日時 : 2005/06/09 20:05   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 先日紹介しました旭山動物園のコメントについて批判があり、謝罪したそうです。行き過ぎた表現について(旭山動物園)
 [プロと素人]という言葉に黒星君は[動物の生態を観察研究して飼育するプロと、ものめずらしいおもちゃとして捕らえる素人]というイメージをうけましたが、[動物の情報を提供するプロと情報を受け取るお客=素人]ってことだった模様。((+_+))
 そのへんはともかく、[旭山だって食べ物で釣っている]って批判に対して、[野生ならではの生態を見てもらいたいだけでショーではないんです]ってのはいただけないですね。そもそも野生のオランウータンは落ちたら無事ではすまない高さで綱渡りをするんでしょうかね?綱渡りしないこともあるようですから常態として綱渡りがみれるわけではないのに、渡ってくるように食べ物を用意したらそれは[食べ物で釣っている]ことですね。しかも綱まで用意しているんですから[見世物][芸]と批判されても仕方ないでしょう。
 前回のコメントで「レッサーパンダは外を覗きたい,エサをもらえるかもと立ち上がっているだけで,その行為だけを抜き取って「凄いこと」として取り上げています。「ここのレッサーパンダ立たないんだって。つまんない」これがレッサーパンダブームが招いたレッサーパンダの見方です」と批判しておられますが、綱渡りしないオランウータンはつまらないねといわせてしまっているとは考えてなかったのかもしれませんね。
 旭山動物園はまず自分の襟を正せと批判されるべきでしょうが、だからといって、風太フィーバーを肯定する気にはなりません。動物園にはショーとかパフォーマンスとか必要ありません。動物のショーがみたければサーカスにいけばいいのです。
 黒星君は運営が厳しい動物園の事情に同情はしますけど、動物の命を大事に思うなら、ブームを煽るマスコミを含め、関係者は沈静化に努力してもらいたいと思います。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
風太見世物批判に批判相次ぐ 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる