黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS プライバシー<朝日クオリティ

<<   作成日時 : 2005/06/19 13:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

JR西日本の運転再開に先立つ説明会に朝日放送が遺族にビデオカメラを渡して撮影させていたことが判明しました。
読売
産経
日経
スポニチ
朝日
当然朝日はそんなことは報道していません。これも情報操作って奴です。
このビデオ騒動の結果、説明会は途中で打ち切られたようですが、スポニチでは「説明会で誰が許可したのか」という論調です。大混乱から中止されたような説明会でどうしろと。
事実関係が複雑なんですが、問題のビデオは遺族が自発的に撮影して朝日に持込したのか、朝日が用意して撮影させたのか、記事を見るとどうも後者のようです。前者なら救いがあったんですけどね。朝日の責任は重いですよ。
まず、他の遺族の映像や肉声が入ってしまっている時点でプライバシーに抵触しています。JR西もそれを恐れて取材自粛、撮影の制限を行っていたはずなのに台無しです。
で、この件で最大の問題は、当事者間で非公開で行いますので取材はご遠慮くださいといわれたにもかかわらず「正当な取材(朝日広報部)」という名目で映像を許可なく入手・放送したことにあります。
JRが説明会開きますと、その中で補償についての質問やお怒りの声受けますと、マスコミはシャットアウトするので安心してくださいと、じゃあということで遺族が参加したという段取りを全部台無しにしたわけです。これ威力業務妨害罪適用できますかね。
朝日放送の正当な取材って当事者間の話し合いの場を引っ掻き回したり、プライバシー侵害も平気な万能の杖ですか?
だったら黒星君はぜひやってもらいたいことがありますね。朝日系列の株主総会の様子とか経営陣の会議の様子とか、今回の取材の指示を出した人と実行した現場の人たちのプライバシーとか包み隠さず知る権利のためにカメラ入れて放送してください朝日の偉い人。
自分たちにとって美味しい絵が取れれば他人がどうなってもかまわないという姿勢でいるような放送局は非難されて叱るべきです。それはジャーナリズムではありません。
黒星君は報道規制されると権力の不正が暴けないと騒ぎつつ実際には取材せず、やってることは庶民のプライバシー侵害な朝日放送を支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
プライバシー<朝日クオリティ 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる