黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 韓国の子供と反日教育

<<   作成日時 : 2005/06/27 00:34   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

 韓国の地下鉄に張り出されている中学生が書いた絵がすごいことになっているそうです。
日の丸をトイレットペーパーにして火をつけたり、竹島を手に入れるためにミサイルぶっ放してみたりいったいどこの反日活動家かと思うようなものばかりが紹介されています。(下部リンク)
 黒星君は愛国心にあふれていませんし、韓国には行ったことがないので実態はよくわかりませんが、それでもこれは看過してはならないと思います。
その1
その2
紹介しているマイネ・ザッヘさん
 問題点は多くのコメントの中で語られていることではありますが、大きく2つ!
 この日本を侮蔑し破壊しようとする反日絵が多くの中学生によって描かれた事、そしてそれを褒め称えるかのように教師や鉄道関係者が反日絵を公共の場所に掲示したことです。
 反日にセー○ー○ーン(伏字)を描くような幼児性をもちつつ、客観的な視点を持てず、領土問題について十分な知識や検討をしていないまま批判し、過激な表現をする文字通りの子供は何も韓国だけではないでしょう。
 たとえば、日本の中学生に竹島問題について絵を描いてみて欲しいといえばもしかしたら似たような(立場を逆にした)反韓絵が出来上がるかもしれません。ロンドンの中学生にアイルランド問題を聞いたり、北京の中学生に台湾問題を聞いても同じような結果が出るかもしれません。
 ですが、(ほかの国はともかく)日本では地下鉄の駅に貼り出されることはありえません。いくら愛国心という名の脳内麻薬があふれている大人が周囲にいたとしても、まだまだこの国のバランス感覚は「子供が他者を不当に貶めるような差別意識を育てているのならばやめさせるべきだ」という選択をとると信じています。
 それに比べて韓国の大人たちが反日絵を描かせ、公共の場に貼り出させたことは、少なくとも韓国は公に日本を侮蔑し、差別する教育をしていると宣言しているのと同じことです。
 客観的な視点を欠き、根拠のない自国の優秀さや正当性の強調、同じく根拠のない他国への侮蔑と暴力の容認・・・黒星君はあえて言いましょう。韓国は最も憎んでいるはずの「侵略し、朝鮮民族の文化と歴史と命と財産と名誉を踏みにじったかつての日本」と同じことをしなさいと自国の子供たちに教育しているのです。
 このまま、自己の客観視や他者への尊敬を身につけないまま中学生たちが大きくなり、20年、30年後の韓国の政治経済を動かすようになったとしても、世界から孤立するだけでしょう。むしろ孤立したのを日本のせいにして侵略してくるんじゃないかとすら思えます。
  「かつての日本」に対して批判し謝罪を求めながら、それと同様の行為を国民に求めている不思議の国韓国を黒星君は決して支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
韓国・公務員・MIXI
たまにはアクセス元から感想などを。 ...続きを見る
黒星君ブログ
2006/05/09 22:12

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
韓国の子供と反日教育 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる