黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 「靖国参拝ポーズは止めて」について

<<   作成日時 : 2005/08/16 20:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

靖国参拝ポーズは止めて」について
500文字を超えてしまったのでこちらでレスいたします。

>チョビさん
死を悼むということはおそらくどこの民族や国家であろうと共通の感情であり行動だと思います。感情による行為について政治的意味を付加してしまうから政争になり、感情から起きたものであるが故に政争を終わらせることができないという悪循環を繰り返しているのでしょう。
死を悼む行為をことさらに国威高揚に利用しようとする日中韓の政治屋や似非文化人に踊らされないだけの知識とか教養が国民には必要なんでしょうね。

>saitasaeさん
あの写真は本当に衝撃でした。情報ありがとうございます。
他のソースで紹介されていたのはせいぜいお年寄りが軍服姿で外国人たちと写真を撮っていたというようなものでした。
韓国人など外国人がカメラを回す中で、子供が銃を持って軍服を着て靖国に参拝していたという事実は背筋が寒くなるものがあります。
それを見た海外のメディアや一般の国民が【日本は軍国教育を行っている】と誤解したとしても無理からぬことかなと。

黒星君は平和を望んでいます。そして極端に言えば子供が軍服を着て銃を持つような世界は平和ではないのです。

死を悼むなら軍服もカメラもいりません。ただ、心静かに粛々と祈ればよいのです。

かつて昭和天皇が死去したときの記帳ブームのようなノリで参拝し、派手なパフォーマンスを繰り広げる人たちこそ最も死者を侮辱していると黒星君は思うのです。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「「靖国参拝ポーズは止めて」について」について
「「靖国参拝ポーズは止めて」について」について  国難に殉じた英霊の慰霊は当然とも思えるが、一将功成って万骨が枯れるといわれると おり、枯れた万骨の慰霊の事例はすくなかったのかもしれない。権力者が強制的に徴兵し たり、金銭で雇う傭兵の軍隊ではそれでもよかったが、武具、とりわけ鉄砲の大量生産が 、兵士の大量徴募を要求し、そのサラリーが国庫を枯渇させた。とりわけ、フランス革命 の結果誕生した国民国家としてのフランスは、周辺を反革命を企てる敵国に囲まれて、国 民兵の徴募を採用せざるを得... ...続きを見る
罵愚と話そう「日本からの発言」
2005/08/17 02:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
「靖国参拝ポーズは止めて」について 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる