黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS 金都知事、鈴木大統領?

<<   作成日時 : 2005/09/03 22:56   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

民主党の唱える外国人参政権の後押しをする動きがあります。
 【ソウル29日共同】韓国の野党ハンナラ党の鄭文憲議員は29日、永住権を持つ在日韓国人に対して地方選挙権を付与するよう日本政府に求める決議案を韓国国会に提出することを明らかにした。与野党の計39議員による共同提出になるという。
 日本では永住外国人の地方選挙権が実現していないが、韓国では今年6月、日本人も含む永住外国人に地方選挙権を付与する改正公職選挙法が成立。鄭議員らは「日本の国会に対し、相応する立法措置を求めたい」としている。
(共同通信) - 8月29日12時7分更新
日本人に韓国での選挙権を認めたんだから日本でも認めろというのは一見正しいかもしれませんが、国同士での綿密な協議の結果ではなくて、一方的に(しかも内容のよくわからない)参政権を与えてきてだからお前たちもうちの同胞に選挙権を与えろというのはずいぶんと乱暴だと黒星君は思います。
 そもそも、外国人参政権で最もネックになってくるのが【帰化】という制度が公的に、しかも決して困難ではないやり方で可能なのに、どうして外国籍のまま参政権を欲するのかという疑問に対して明確に公的な意見が出されたことはありません。
 よく言われる税金を払っているから参政権を認められるべきだという主張が国際的なコンセンサスを得られるまでに議論されていない状況で、拙速に参政権を認めようとする民主党や、認めさせようとする韓国には何かしらの表にできない政治的意図が隠されていると疑わざるをえません。
 真剣に国籍によらず、居住を基礎として参政権を認めるべきだという議論をするならば、ただでさえ年齢差が設けられている選挙権と被選挙権について国籍によってさらに細分化が可能なのかとか、被選挙権を認める場合政党結成はどうなるのかとか議論すべき課題は尽きません。
 そうした議論を行える環境を作ることにやぶさかではありませんが、現状のまま【外国人参政権を認める】というお題目だけを先に成立させようとすることを黒星君は支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
「金都知事、鈴木大統領?」について
「金都知事、鈴木大統領?」について 民主党もアレなんですが、 この外国人地方参政権については、 公明党が毎年法案を提出しています。 これについて、反対しているのは、 自民党の一部のみで、他は社民党や 共産党まで、すべてが賛成の立場の ようです。 「韓国では10数人日本では60万人が  対象。比較になりません。」 ちなみに人権擁護法案は、自民党の 一部と共産党が反対しているようです。 選挙後、どんな政権になっても 監視しなければならないと思って います。 ...続きを見る
イプサム
2005/09/04 21:20

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
金都知事、鈴木大統領? 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる