黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS レジ袋有料化への世「論」?

<<   作成日時 : 2005/11/20 01:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

 レジ袋有料化へ向けて政府が動いています。
 内閣府は19日、「環境問題に関する世論調査」の結果を発表した。
 ゴミ減らしのために政府が法制化を検討しているスーパーなどのレジ袋有料化に賛成と答えた人は55・1%にのぼり、反対の21・9%を大きく上回った。
 調査は、今年9月に全国の成人男女3000人を対象に面接方式で行い、1896人から回答を得た。
 レジ袋有料化に賛成する理由(複数回答)については、「資源の消費を抑制できる」(67・0%)、「もらったレジ袋が無駄になっている」(36・4%)が上位を占めた。反対とした人のうち、73・6%は「家庭で再使用しており、無駄にしていない」と答えた。
 レジ袋を有料化した場合、「払ってもいい」と考える額を聞いたところ、「1〜2円」(31・7%)が最も多く、「3〜5円」(29・5%)が続いた。「金額にかかわらず使用しない」は20・4%だった。
 再資源化促進とゴミ減少を目的とした容器包装リサイクル法は、施行後10年での見直し規定が盛り込まれており、政府は2006年の通常国会で法改正を検討している。レジ袋有料化も焦点の一つになっている。
(読売新聞) - 11月19日21時25分更新
この問題については黒星君ブログでも何度か取り上げました。
http://kuro23.at.webry.info/200506/article_13.html
http://kuro23.at.webry.info/200506/article_15.html
http://kuro23.at.webry.info/200506/article_17.html
http://kuro23.at.webry.info/200507/article_12.html

 繰り返しになりますが、賛成派の人たちは「環境のためじゃしょうがない」とだまされてやしませんか。在庫を含んだ枚数を消費量として宣伝し、危機感を煽ってきたマスコミや政府に。
 年間消費量が300億枚だというならならそれでもいいでしょう。でも仮に0.5円として有料化されたら150億円になるわけです。そのお金は誰が負担して誰の懐に入るんですか?
 消費者が負担してお店の収入ですか?
そうするとレジ袋が商品扱いで売り上げに計上したりで経理が複雑化しますけど、小売店全部がちゃんと対応できると思いますか?
 消費者が負担してお店が国に納めるんですか?まるで消費税ですね。
 お店が負担して国に収めるんですか?確実にほかの商品が値上げになりますね。
 国が負担して環境基金にでもしますか?でもそれって財源は税金ですよね。
基金を管理する特殊法人作るなんてこのご時世で許されますか?

 こういった最も重要な点をおろそかにしたまま現時点で意識調査をするというのはアンフェアというか無意味です。あからさまに「世論が賛成に向いているんだから」という操作をしたいがための姑息で卑劣な政治手法です。
 回答者はそれを理解した上で賛成反対を述べているのでしょうか?
残念ながら黒星君はそうは思えません。なぜならレジ袋有料化に対する問題点や詳細がまったく明らかになっておらず、環境問題の側面だけがクローズアップされ、論じられるだけの情報が少なすぎます。これでは世「論」調査ではなくて「感想」調査でしかないのです。

 黒星君は恣意的な似非世論を形成してまで有料化を推し進めようとする政府を支持しません。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
レジ袋有料化への世「論」? 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる