黒星君ブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS タミフル:有効期限3年

<<   作成日時 : 2005/11/26 21:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 3 / コメント 1

 鳥インフルエンザの脅威に伴い、タミフルの大量備蓄計画がでています。
タミフルといえば服用後に異常行動によって死亡した例があり、注意事項にも幻覚などの症状が記載される薬ですが鳥インフルエンザにも従来のタミフルが有効ということで
 政府の新型インフルエンザ対策行動計画で2500万人分の備蓄目標が決まった抗ウイルス薬タミフルについて、厚生労働省は26日までに、政府と都道府県の備蓄分(計2100万人分)をほぼ調達できるのは、早ければ2年後とする初の見通しをまとめた。
 輸入、販売元の中外製薬との折衝で、2006、07年度に約1000万人分ずつ確保できる見込みになったため。タミフルは世界的に需要が高まっている上、備蓄目標を従来計画の約1・7倍にしたことから、達成のめどが焦点となっていた。
 また厚労省は、中外製薬との購入交渉は都道府県分も含め一括して行う方針を固め、都道府県に対し早急に備蓄計画を報告するよう要請。交渉結果を受けて来月中に購入の手続きに入り、確保分は政府と都道府県で折半する計画だ。
(共同通信) - 11月26日14時2分更新
これについては日本だけで独占するのかとか、費用は国が負担して欲しいなどといった地方の要望などまだまだ紆余曲折がありそうです。
 ところで2500万人ものタミフルの備蓄ということですが、なぜかマスコミで報道されないことがあるのでちょっと調べてみました。
 タミフルの有効期限について(中外製薬)
このたび抗インフルエンザウィルス剤「タミフルカプセル75」につきましては、下記製造番号の製品より使用期限が2年から“3年”に変更となりますので、ご案内申し上げます。
なお、それ以前の製造番号の製品は使用期限は2年です。また、「タミフルドライシロップ3%」につきましては使用期限(使用期限1年)の変更はございません。
これは2002年12月現在の発表ですが、ものによっては1年で有効期限が切れる薬だと販売元の中外製薬が認めています。
 あれ?ちょっとまってください?
 2500万人分を備蓄するんですよね。・・・・・3年ごとに買い直しですか?

 調べると有効期限5年という説もあるようですが、教えて中外製薬の中の人!

 3年でも5年でもいいんですが、いずれにせよ鳥インフルエンザウィルスが撲滅されるまでは効果が持ちそうにありません。
  しかも、3年あればウィルスがどんな進化遂げて耐性をつけるかは未知数です。

 すぐに効果がなくなるのに何でこんなに買い占めてるのかというと厚生労働省が2500万人程度が罹患するという試算をしたからですが、どんなデータを基にしたのかちょっとわかりません。
 ただ、黒星君は結核や赤痢など海外で感染しやすいとされる伝染病に比べてそこまで爆発的に広まる危険というのは信じていません。

 で、タミフルのお値段ですが
インフルエンザ治療薬タミフル(一般名オセルタミビル)が、インターネットによる個人輸入代行で本来の薬価の10倍近い1箱(10カプセル)3万円もの高額で取引されるケースが出ていることが22日、分かった。(中略)
 輸入販売元、中外製薬によると、タミフル1カプセルの薬価は363・7円。1日2回服用で通常は5日分処方されるため10カプセルで3637円になるが、保険が適用されるため、薬剤の自己負担は3割負担で約1100円。診察費などが加わるが、1回の受診で自己負担はせいぜい3000円程度。

 同社広報IR部では「今冬用に1200万人分を出荷する予定だ。医師の処方薬であり、流行しても十分な量が確保されるので、個人輸入はしないでほしい」と話す。

 インフルエンザに詳しい聖マリアンナ医大横浜市西部病院の加藤達夫院長(小児科)は「何万円もかけてインフルエンザになってしまった後の心配をするよりも、自費で5000円程度の予防接種を受けるほうがはるかに安上がりで意味が大きい」と話している。
(読売新聞) - 11月23日10時6分更新
ええっと一人分約4000円ですね。
2500万人分だと・・・約1000億円になります。

たった3〜5年しか持たない、しかも使うかどうかすらわからない薬に100,000,000,000円?
厚生労働書は本気(正気)ですか?と黒星君は疑っています。

確かに爆発的な感染が起きたときの対応が取れないのは不安かもしれません。
でも今回の備蓄大幅増は極論すれば日常生活を防護服を着て満員電車に乗るレベルの警戒をしているようなものでやりすぎだと黒星君は思います。

あれです。痛くない腹を探って下種な勘繰りをするとですね。
製薬会社への公的資金投入と違うのか!?

黒星君はタミフルの大量備蓄を支持しません。

この問題に関するブログをまとめているサイトがありましたのではっておきます。
http://www.blog-headline.jp/health/archives/2005/11/17h5n1.html

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
その2 結局のところ、感染してしまったら、タミフル!
4空港で靴底消毒、鳥インフルエンザ発生国から入国 (読売新聞) - 11月21日23時37分更新 ...続きを見る
やっばり言いたい中年のひとこと日記
2005/11/27 08:33
鳥インフルエンザ治療薬タミフル個人輸入
タミフルの価格が乱高下しています。 タミフルの生産をしているアメリカのロシュ社は... ...続きを見る
DIS Weblog
2005/12/13 12:49
冷静になりましょう
今一度冷静になりましょう。国家規模で、タミフルの備蓄のために多額の資金投入が行わ ...続きを見る
やさしい医療をめざして−新しい神経内科
2005/12/28 00:04

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
2500万人分のタミフルは、最低の3年でも有効性を考えるなら1000億でも良いと思いますが。

タミフル自体の安全性についての議論は別にするとしても、直接2500万人が一気に必要とするのではなく、実際には何百倍もの人の保険になっているわけです。

あと一番大事なことなのですが、1000億の試算の中に「ええっと一人分約4000円ですね。」とありますが、どんな計算だったのでしょうか、自己負担から計算していませんか?そして、そこからみても恣意的に増やして計算してませんか?
もうすごい昔のことだけれど
2009/10/14 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
タミフル:有効期限3年 黒星君ブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる